Kosmo-Rondoについて

umesao宇宙活動は、開発や科学研究の分野で急速に進み、「宇宙文化」ともいえる領域となりつつあります。 気象衛星や通信衛星はすでに日常生活にとけこんだ社会インフラとなり、 軌道上の国際宇宙ステーションでは宇宙飛行士の長期滞在がくりかえされています。 さらに太陽系についての科学的知見も、どんどんひろがっています。 宇宙における活動、宇宙における環境や位置の利用を、短期、中期、長期の視野をもって、 私たちは計画的に進めなければなりません。 宇宙文化への取り組みは、工学や理学だけではなく、経済はもちろんのこと、 社会学や哲学など文理の枠をこえた領域の知恵を必要としています。 そうした英知の集合体である大学こそが、宇宙文化の創造に向けた計画に積極的に取り組むべきであり、 つねに発信してゆく必要があります。

Kosmo-Rondoでは、様々な分野の研究者を抱える大学の人的資源を活かして、 日本の宇宙活動のグランドデザインを描く「宇宙計画研究」、 地球観測衛星のデータと古文書等を合わせて人文科学的な研究を行う「宇宙人文学」を 推進しています。

宇宙計画研究室Kosmo-Rondo 室長 中野不二男

広告